1. 1
    スタート
  2. 2
    条件入力
  3. 3
    完了
入力条件

{{prefName}}

{{areaName}}

{{lineName}}

{{stationName}}

{{footTimeName}}

{{floorName}}

{{occupiedAreaName}}

{{builtYearName}}

{{builtMonthName}}

{{prefName}} {{areaName}} {{azaName}}

{{buildingStructureName}}

{{totalNumberName}}

{{rankNumberName}}

{{layout}}

{{priceSetNumberName}}

{{monthsRentNumberName}}

物件情報

万円

シミュレーション結果は会員様限定です。

%

{{displayErrorMessage}}
シミュレーション結果は会員様限定です。

1年後

万円

10年後

万円

※物件情報は、不動産ビックデータを元にAIで算出しているため、実際の物件情報を保証するものではありません。
周辺情報
人口関連データ 人口総数 過去5年増減数 過去5年増減率 面積 人口密度/㎢
{{prefName}} {{populationPre.population | number}}人 {{populationPre.population_change | number}}人 {{populationPre.population_change_rate | number:2}}% {{populationPre.area | number}}㎢ {{populationPre.population_density | number}}人
{{areaName}} {{populationCity.population | number}}人 {{populationCity.population_change | number}}人 {{populationCity.population_change_rate | number:2}}% {{populationCity.area | number}}㎢ {{populationCity.population_density | number}}人
企業数データ 事業所数 総従業者数 男性従業者数 女性従業者数 1㎢当たり事業所数 1㎢当たり従業者数
{{prefName}} {{companyPre.company | number}} 社 {{companyPre.employee_whole | number}} 人 {{companyPre.employee_men | number}} 人 {{companyPre.employee_women | number}} 人 {{companyPre.company_per_square | number}} 社/㎢ {{companyPre.employee_per_square | number}} 人/㎢
{{areaName}} {{companyCity.company | number}} 社 {{companyCity.employee_whole | number}} 人 {{companyCity.employee_men | number}} 人 {{companyCity.employee_women | number}} 人 {{companyCity.company_per_square | number}} 社/㎢ {{companyCity.employee_per_square | number}} 人/㎢

出典:政府統計の総合窓口(e-Stat)(https://www.e-stat.go.jp/)
(参照2019-01-29)
*1,2. 出典:「平成25年住宅・土地統計調査 」(総務省)
(参照2019-01-29)
*3. 出典:「平成27年国勢調査 」(総務省)(参照2019-01-29)
*4. 出典:「平成28年経済センサス-活動調査 」(総務省)
(参照2019-01-29)

不動産投資で収支を上げる重要要素

  • 資産価値の高い好立地
    優れた商品力

  • 安定した家賃収入を生む
    卓越した企業力

  • 透明性の高い投資基準
    AI活用

好立地でハイグレードな物件を、
相場よりも低価格で取得すること。
これこそが、不動産投資において
最も重要な要素です。

  • Pressance Corporation
  • 全国分譲マンション供給2年連続 近畿圏分譲マンション供給9年連続 東海・中京圏名古屋市内分譲マンション供給8年連続(名古屋市内)7年連続(東海・中京圏) 西日本近畿圏、中国・四国圏、九州圏、沖縄分譲マンション供給6年連続